いらっしゃいませ!少しずつ商品を追加しています。途中ではありますが、お買い物頂けますのでよろしければお買い求めください。

カードプレイス通販部へ!

What's New

店長日記

劇場版 Gのレコンギスタ I 行け!コア・ファイター 感想

ガンダムはこれだけでも良いかもしれない。

アニメ版を見て少しだけそう思えてしまった作品 富野由悠季 総監督作品 Gのレコンギスタの劇場版が公開された。
以前、マツコDXさんが出演する番組でその絵コンテを描いている風景などがあったのだけれど、その際に「アニメ版で出来なかったことをやりたい」と仰っていた。
リアリティにこだわる監督だから、気に喰わない箇所があったんだろうなと思いながら、TV版をうすぼんやりとしか覚えていない頭でふんわりと鑑賞した。

↓作品のポスター 店主はガンダム世代ではないが一通りガンダム作品は履修済みで富野さんの言う「今は分からなくても良いから、いずれ成長する過程で僕の作品を見た子供たちがいずれ気付いてくれることを信じて作品を作る」という姿勢がとても好きです。(だから言葉が足りないって言われている様子ですが、、



今回の作品は一時間半程度でまとめてあり、全編は5部作になる予定とのことで今回は主人公を取り巻く環境が目まぐるしく変化をしている様子が描かれています。

全体を見た感想としては、見て良かったと思える作りになっていました。
冒頭から違いが判るインパクトがありました、リアリティの為に細かなセリフや音に変更が加えられています。
主人公が今いる世界のこれまで起こってきたこと、そして何を恐れているかというのがアニメ本編よりも纏められていて分かり易くなっています。

冒頭三分はこちらからも見れます→ https://natalie.mu/comic/news/356046 

各キャラクターのそれぞれの考えや、思い、気持ち、伝えようと思っても言葉にならない言葉、考えながらそれぞれが成長していく過程(ここでそれぞれが言葉の意図や作戦の意味を察して様々なセリフがあるので非常に面白いです。)
詳しくはぜひ冒頭の動画を見て頂いて、興味を持った方はぜひ作品をご覧になって下さい。
ガンダムを見たことがない、、という人もこの作品だけでも十分に富野監督がこれまでなんだかんだで色々ありすぎて、本当に伝えたかったことが伝えられなかった一番きれいなメッセージを受け取ることが出来ると思います。

最後になりますがZガンダムの映画版を思い出しながら、苦笑いをして見れる作品です。
富野さんがこれまで様々な苦難経て、ガンダムいう作品を昇華させてくれそうな、そんな風に感じています。