第7回大分ヴァンガードCS報告

本日開催の大分ヴァンガードCSにご参加を頂いた方々、まずはご参加ありがとうございました。
皆様がイベントや店頭でお買い物をして頂いているおかげで、今回もブシロードさんから特別なイベントを開催させてもらうことが出来ました。
今後もイベントが開催出来ますよう、ご協力をよろしくお願いを致します。

キャンセルが多少発生することは計算をしていましたが、そのキャンセル枠にも待機をされている方がいらっしゃたのでほぼ満員の63名でイベントが開催出来ました。

クラン分布は以下の通りです。

フォースクラン 22名

ジェネシス 6 シャドウパラディン 8
ネオネクタール1 スパイクブラザーズ 1
かげろう 2 ディメンジョンポリス 3
ロイヤルパラディン 1

アクセルクラン 33名

むらくも8  ノヴァグラップラー 7 なるかみ 6
ペイルムーン 4 たちかぜ 4  
アクアフォース 1   ゴールドパラディン 3  

プロテクトクラン 8名

ダークイレギュラーズ1 エンジェルフェザー 1
ぬばたま5 メガコロニー 1

このようになっていました。
少しだけ見ていて感じた印象を述べますと、やはり環境は全体的に見ても明らかにアクセル環境です。
アクセルに追いつくためにはアクセルを使うしかないという環境に見えます。
あとから個人的見解も述べますが、決勝リーグに勝ち上がっているデッキもやはりアクセルクランが多かったです。



大会の結果は、予選から続く連戦8回戦を制し今回、優勝されたのはジュさんのノヴァグラップラーでした!



また今回のイベントには特別ゲストとしてI☆LA先生がヴァンガードの交流イベントに遊びに来て下さったので、対戦とサイン会が行われました。
新田新右衛門のデッキからヴァンガードを始めたばかりですが、ルール理解も進んでいる様子で、プレイ時間10時間ほどだとは思うのですが、こちらから説明をしなくてもゲームを進めることが出来るようになっていました。
イベント中は先生の方から対戦相手の方に気さくにお話をされる場面も多く、参加された方は和やかにゲームを楽しんでいました。
(ちなみに皆さんが良かれと思って先生が最近イラストを描いたカードが入っているぬばたまを使われていたのですが、ジェネシスとぬばたまの対戦愛称は絶望的に悪く、ハンデスの洗礼をたっぷり浴びてどうやって戦うべきかを考えていました。)




プレイヤーさんとの交流もたっぷりできた様子で、今後もイベントへのご参加や月1回 店舗で交流会を開いてみようかというお話もさせて頂きましたので、皆様ぜひイベント開催の際には遊びに来てください。


さて、ここからは個人のプレイヤーとしての視点が入りますがゲームを見ていて思ったことを書いてみたいと思います。

今日のイベントの際のアクセルの使用率の高さを見ながら思ったのですが、今アクセルクランが使われる理由の一つに、アクセルに追いつくにはアクセルを使えば良いという気持ちにさせる環境になってしまっているのがちょっともったいないなと思いました。
実際に店主もゴールドパラディン、たちかぜ、ジェネシス、ダークイレギュラーズを持っていますがゲームをする中でアクセルクランの使用率が高すぎてとてもではないですが他クランでは攻撃をなかなか捌ききれないため(フォースの場合でも先手、後手の差で先手を取られれば勢いに呑まれてあっという間に優位はなくなります。)、アクセルクランを使うのが妥当になるという判断でアクセルクランを使う頻度が高いです。

恐らくこの原因はイマジナリーギフト2のシステムでプロテクト2が機能していないことが原因にあるように考えられます。
ぬばたまがこの部分をトークンに攻撃を移し替えることで上手く補完しようとしているように思えたのですが、この部分のプロテクト2がきちんと機能していれば問題がないように思えますので、プロテクト2と相性の良い効果をプロテクトクランに与えるかなにか対策があれば、もっとファイトは面白くなりそうに感じました。

今後もカードプレイス 大分店、鶴崎店共にヴァンガードを楽しめるように普段の練習をお手伝いも出来ますので、ぜひお店に来て練習をされて下さい。
そしてまた、次回イベントへのご参加もお待ちしています、重ね重ねですが今日はご参加ありがとうございました!